ママ行政書士の学ブログ

ママ行政書士の日常や資格取得・育児関連の情報提供をするブログです。

合格に不可欠!行政書士試験の戦略の立て方

行政書士試験に合格するためには、戦略が不可欠です。
どの科目、問題でどれだけ点数を稼いで、合格点に達することができるかを考えなければなりません。
ただし、この戦略は勉強し始めて1~2ヶ月という段階でしたら、まだあまり考えなくてよいでしょう。いずれ合格のための戦略が必要になることを心に留めておきましょう。
行政書士試験の戦略は、少なくとも、過去問等の演習をし始めている(大体勉強し始めてから4ヶ月以上経過している)方へ向けたお話です。

f:id:mamagyosei:20190704134342j:plain

 1.行政書士試験の合格基準の確認

まずは、行政書士試験の合格基準を確認します。
行政書士試験の合格基準は、次の3つの要件を全て満たす必要があります。

 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、50%(122点)以上

 ②行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、40%(24点)以上

 ③行政書士試験全体の得点が、(300点満点中)180点以上

この合格基準について、少し解説します。
1つ目の法令等科目の得点と2つ目の一般知識等科目の得点を足すと、146点です。
3つ目の要件を見ると全体で180点必要とのこと。つまり、1つ目と2つ目の要件を満たすだけでは、合格できないのです。
したがって、1つ目と2つ目の要件は、「合格への要件」というより「足切り要件」といえるでしょう。

そのため、最低でも法令等科目で150~160点、一般知識等で30点程度は、点数を取らなければ合格できません。

2.行政書士試験合格へ向けた戦略

試験全体の戦略

試験全体を通した戦略として、「基本的な問題は絶対に落とさず、奇問は追わない!」ということです。
過去問等の問題集には、それぞれ問題の難易度が記されているものが多いでしょう。
難易度の低い問題は、何度も繰り返して、本番でも必ず取れるようにしておきましょう!
一方、難易度が高すぎる問題は、そこまでこだわることはありません。
難しすぎる問題は、他の受験生も解けません。
行政書士試験において、「みんなが解ける基本的な問題を確実に正解する」ことを積み重ねることで、合格を勝ち取ることができます!

科目別の戦略

行政書士試験において、重要なのは民法行政法です。この2科目を攻略できるかどうかが合格にかかっているといっても過言ではありません。特に行政法だけで、112点分(全体の4割)が出題されるため、時間をかけて勉強したいところです。
憲法は割と定番の判例から出題される傾向にあるため、勉強しやすい科目と言えます。
基礎法学や商法は、捨てるのはさすがにもったいないですが、あまり時間を割くべきではないでしょう。
一般知識は、学習範囲が広く学習しづらいといえます。
しかし、一般知識の怖いところは、足切り要件(行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、40%(24点)以上)があるということ!日ごろからニュースや新聞をチェックして、わからない用語を調べておきましょう。
過去問等の演習をして、慣れておくと良いでしょう。

出題形式別の戦略

行政書士試験では、「択一式」「多肢選択式」「記述式」の3つの出題形式があります。
「択一式」は、5つの文章から、合っているもの又は誤っているものを選ぶ問題です。
「択一式」の問題が最も多く出題されます。過去問等の演習を行って、「択一式」問題に慣れる必要があります。

「多肢選択式」は、穴埋め問題です。判例が出題されることが多いといえます。
試験勉強を通じて、有名な判例を一字一句覚えるのは難しいですが、「どのような理由で、どのような結論だったか」は、把握しておく必要があります。テキストや過去問などを積み重ねていくうちに、判例の知識は自然と身についていくでしょう。

出題形式別でみた場合に、最も合否を分けるといってよいのが「記述式」です。これは、問題文に対して、40字程度で解答を書かせる問題です。1問あたり20点×3問出題されます。配点割合が大きいため、1問落とすとダメージが大きいです。
ただし、「記述式」では、部分点が与えられるといわれています。(公表はされておらず、部分点があるようだという情報にとどまります。)
そのため、1か0ではなく、40字内に解答のキーワードとなる語句を書けていれば〇点…といった具合に採点されるようです。
「記述式」で点数を稼ぐことができれば、ぐっと合格に近づくことができます!
「記述式」は、よく「どうやって対策したらよいのかわからない」というお声がありますが、こちらもひたすら過去問演習です。
過去問と同じ問題が出る確率は、とても低いでしょうが、法令知識を40字程度の文章にまとめる練習ができるため、とても効果的です。
 

 

今回も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

次回は、ママが行政書士の資格取得を目指すときのオススメの方法をご紹介します!

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村   にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村   にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村